読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

起業?...ワンチャン?

金もないコネもない知識もない、ただただ可能性だけを信じて事業を起こそうとする東大、北大、ICU生の社会にもまれるブログ。

「ヒッチハイクは仕事への最高のスパイス」31歳からの遅咲きのセラピストヒッチハイカーこうきさん@かっこいい大人シリーズ

こんにちは!!!

 

とりあえずふんどしになってみたブロガーのへらおです。

 

ベトナムでの二週間インターンシップの後、

 

札幌の人気ゲストハウスwayaでヘルパーをやっています。

 

 

ベトナム半袖ホーチミンTシャツに半ズボンでベトナム国旗の帽子をかぶってチャリで爆走していたへらおですが、

 

いきなり氷点下の世界に舞い降りました。

 

僕が震えるのは当たり前として、愛用のiphoneベトナムに慣れきっていたのです。

 

札幌で起動した瞬間ビビって落ちました。

 

寒暖差には皆さんも気をつけて。

 

ゲストハウスwayaはとても雰囲気がいいです。

 

f:id:helao:20170402210358j:plain

 

 

 

こんな感じのおしゃれな内装で、一階にはバーが付いています。

 

さて、今回から新企画「かっこいい大人シリーズ」が始まります。

 

へらおが出会ったかっこいい大人をどんどん紹介していきますので、

 

皆さんも就活やビジョン設定の際の参考にしていただけたら幸いです。

 

早速の第一弾は、

 

Gesutohouse Waya共有スペースに少年のように輝いた表情を持って座っていた劇団ひ◯り似の方。

  

f:id:helao:20170401160504p:plain

 

  

 

 

あのー、学生の方ですか?

 

 

 

いや、32歳です。

 

 

あ、すいません、、、

 

 

 

いやいや、いいんですよ。よく10個ぐらい歳の下の子がタメだと思って話しかけてきたり、抱きついてきたりしますし笑。

 

遅咲きのヒッチハイカーこうきさん

 

f:id:helao:20170405175625p:plain

 

 

 

その人の名は愛知県でセラピストをやっている31歳のこうきさんです。

 

趣味はヒッチハイクらしいのですが、

 

なんと始めたのは31歳から。

 

つい最近も沖縄一周をしてきたんだとか。

 

激務の仕事の中から、なぜ31歳という年齢からヒッチハイクを始め、続けていこうと思っているのか。

 

それを伺うと、北海道の寒さを吹き飛ばすとても熱い答えが返ってきました。

 

 

相棒の結婚式でヒッチハイクに出会う。

f:id:helao:20170402212806j:plain

 

 

 
 

そもそも何でヒッチハイクを始めたのですか?

  

 

去年の自転車で世界一周した相棒の結婚式があったんだよね。そこで新婦の友達で招待されていた女性にヒッチハイクを教えてもらったんだよ。最近ではヒッチハイクで沖縄一周したり、福岡から愛知まで行ったりしているよ!

 

 

 

相棒の方もすごいですね!なるほど。でも確かセラピストって激務の職業ですよね?ヒッチハイクする暇あるんですか?

 

 

普通に六連勤とか余裕であるよ。その仕事の合間をぬって行く感じかな。こないだは8時間待っても車が捕まらなくて、トイレに入ってくるドライバー100人くらいに声かけてやっと捕まったんですよね。次の日仕事だったからマジ焦ったなー。同僚にはいろんな意味で一目置かれてます。笑。

 

 

 
 

過酷ですね、、、仕事で時間がない中、少ないプライベートの時間をヒッチハイクに当てているのは大変だと思うのですが、どうしてヒッチハイクを続けられているんですか?

 

 お金が全く絡まない「ありがとう」を求めて

  

f:id:helao:20170402212846j:plain

 

うーん。一つあるのは、お金が全く絡まない「ありがとう」が言えるからかな。

 

 

というと???

 

 

僕はセラピストをやっているから患者さんの容態がよくなったら「ありがとう」って感謝してもらえるんだよね。でもそこにはお金をもらう側の僕と払う側のお客さんっていう関係がある。他にも、普段生きててお金が発生しないところで「ありがとう」って心の底から感謝することがあんまりない。

 

 

 

だからこそ、ヒッチハイクっていう完全にお金の絡まない場所で、大切な車に見ず知らずの自分を乗せてくれた人たちに心の底から「ありがとう」を言う。それが僕にとってのヒッチハイクの魅力です。

 

 

ヒッチハイクは仕事への最高のスパイスだ。

f:id:helao:20170402212925j:plain

 

なるほど。確かに、純粋な「ありがとう」を言う機会って少ないですよね。そういう感覚って忙しい日常だと忘れがちになります。

 

 

僕はね、ヒッチハイク仕事への最高のスパイスだと思うんだよね。

 

 

スパイスと言いますと???

 

 

セラピストって、国家資格を取ってなる職業なんだよね。だから、たくさんの患者さんと関わってくると「俺が治してやったんだ」と天狗になりがちになる。でも、僕はこの仕事が本当に好きなんだよね。だから、お客さんの上に立つような態度になりたくない。でも、忙しい中でそうなりやすい。だからこそ、プライスレスの「ありがとう」、「感謝」を感じにヒッチハイクに行くんです。

 

ヒッチハイクってしかも毎回新しい出会いや発見がある。そこでいろんな人の人生の話を聞いて、自分を見つめ直す。そうやって新しいフレッシュな気持ちで仕事に戻れる。だからこそ、ヒッチハイクは仕事へ最高のスパイスだと思う。僕はモチベーションが上がらなかったり、マンネリ化したなと思った時にこそヒッチハイクをして、カンフル剤みたいにしてるんだよね。

 

 

 

「 若者には負けない」30代ヒッチハイカーの思い。

 

 

こうきさんから若々しさしか感じないのですが、30代として学生や20代の若者たちに伝えたいことはありますか?

 

 

 

うーん。まず言うと、俺、すごい平凡な学生生活過ごしちゃったんだよね。あんま思い出しても記憶に残ってないっていうか。だから結構後悔してる。そん時にできなかったことを今取り返しにかかってるんだよね。30代だからとか、社会人だからって声はもちろんあるけど、俺は学生時代心残りあるからさ。その取り返しを今やらない理由はないんだよね。

 

 

だからね。アドバイスというより、学生とか若者に言いたい。学生より学生してやる!

 

 

ヒッチハイク成功の秘訣

 

 

あリがとうございます。年齢を苦にせずヒッチハイクを仕事へのスパイスにする。そこで純粋な「ありがとう」の感覚を仕事への姿勢に還元して高めていくこうきさん。とてもかっこいいです。最後にヒッチハイクビギナーのためにヒッチハイクの成功の秘訣を教えていただけますか?

 

 

 

それはね。絶対的なコツがあるよ。「乗っけてくれたら感謝をしますよ・」と誓いながらやる。そしたら顔に出る。全身全霊の笑顔。これが大切です。

 

 

 

なるほど、、、。ちなみにどんな顔されるんですか?

 

 

 

 

、、、、 ありがとうございました!

 

 

 

その後こうきさんは小樽の方にヒッチハイクで出かけて行きました。

 

年齢や職持ちというハンデを乗り越えて、学生よりも学生すると顔を輝かせるこうきさん。

 

その根本には今ついている仕事が大好きで、それをもっと充実させたいという思いも伝わってきました。

 

仕事も遊びもそういう関わりができたらいいですよね。

 

以上、wayaからのインタビューでした。

 

こうきさんはヒッチハイクでの思い出をinstagramでも共有しているようなので、是非そちらもチェックしてみてください。

 

そして、へらおも小樽まで人生初ヒッチハイクを決意するのでした。

 

 

詳細は次回の記事で。

 

それでは。

完全なる偏見による「もてない奴に共通するたったひとつの特徴」

こんにちは。

 

とりあえずふんどしになってみたブロガーへらおです。

 

突然ですが、

 

 

f:id:helao:20170327234600j:plain

 

 

 

もてないやつには共通する特徴があると思います。

 

これから、完全なる偏見による「もてない奴に共通するたったひとつの特徴」

を語ります。

 

別に上から目線ではありません。

 

僕はモテません。

 

これは20年ちょっと生きてきて切実に感じる事実です。

 

そして、

 

もてない自分を見つめ続け、かつもてない友人たちを見ていて(もてないやつはもてない同士、固まる傾向にある)

 

一つ、絶対的に当てはまるもてないやつに共通する特徴

 

を見つけました。

 

それは、

 

プライドがくっっっっっっっそ高い

 

ことです。

 

 

え?

と思う方もいると思います。

もてないからこそプライドが低いのでは?

 

どうでしょうか。

 

確かにプライドが低すぎる人は、頼りなさげに見えるかもしれません。

 

でも、プライド高い男もかなりNGです。

 

もてないやつほどプライドが高い。

 

これが真理だと思います。

 

ではどうプライドが高いのか。

 

それは、他人からの見え方に対してのプライドです。

 

多くのモテる先人たちが言うのは、

 

恋人ができるかどうかは、もてるのてないの問題ではなくて、

 

「打席にどれくらい立つかどうか」

 

だそうです。

 

どういうことでしょうか。

 

野球では3割バッターは年棒一億を超えます。

 

4割に届かんとするならば、「神の子」ともてはやされます。

 

それを恋愛に置き換えてみましょう。

 

恋愛でいう三割バッターは、

10回バッターボックスに立つ=10回告る

そのうち3回ヒットを打つ=そのうち3人にオッケーされる

つまり、残りの7人には振られても名バッターです。

 

さらに恋愛で言えば、一回ヒットを打つ=一人にオッケーされる。

 

成功なわけです。

 

どうでしょうか。実力者といえども、場数は踏まねばなりません。

 

結局、

 

あなたが恋人を作れる、作れないを決めるのです。

 

言ってしまえば、

 

出会い系でもなんでも使って恋人をつくったもの勝ちなのです。

 

だって、世の中に異性は、、、

 

35億💞

 

けれど!!!

 

もてないやつほど、相手のルックスや性格のハードルを高く設けがち。

 

恋人を自分のステータスとみなし、

 

恋人が周りからどう思われるか?

あの人と付き合ったら周りとどう思われるか?

周りにあっと言わせるような美女orイケメンと付き合いたい

出会い系など周りに知られたら絶対ヤダ!!もってのほか!

頑張ってるって言われたくない。

 

(あ、これ全部俺が言ってきたことだ、、、)

 

などなど

 

結局気にしてるのは、

 

自分がどう周りから写っているかどうかだけ

 

そのチンケで無駄に高いプライドが

恋人をゲットするチャンスを奪っているのではないでしょうか。

 

書きながら涙が出てきました。

 

わかってる、わっかてるんです。

 

でもプライドが拭い去れない。

 

逆に、このチンケなプライドさえ乗り越えられれば、、、

 

うおおおおおおお!!!

 

きっと恋人はできる。モテるかは知らんけど。

 

逆にそこまでしたら「恋人はいらない」

 

ってことなんですかね。

 

ああ、

 

モテたい。

 

ではでは!

 

モテナイ日本人男児が東南アジアでなぜ「モテ」たのか。その少し悲しい理由。

f:id:helao:20170327010643j:plain

こんにちは。

とりあえずふんどし履いてみたブロガーの

へらおです。

 

モテナイと評判の日本人男子は東南アジアではモテる???

 

早速なんですが、皆さんは

 

東南アジアで日本人男子がめちゃめちゃモテる。

 

ことを知っているでしょうか?

 

実際、

 

めっちゃモテるんです。

 

海外で絶大的人気を誇る日本人女子に加え、

海外で圧倒的に人気ないと言われる日本人男児も、

激モテです。

 

ちなみにソースは

 

東南アジアバックパックに行った僕と何人かの友人(全員イモ)の経験談です。

 

この記事は、

 

  1. 東南アジアで日本人モテるって聞いたけど本当?
  2. 日本で需要がないので海外でもてる方法を知りたい。
  3. 東南アジア行きたい!!!

 

というような疑問や意見を持った方にぜひ読んで欲しいです。

 

実際やっぱりモテてた気がする。

 

行った国は、タイ、ラオスベトナム。どの国においても街に出ると、

 

  • 心なしか東南アジア女子からの視線を感じます。

 

これはまだまだ日本人の若者が少ないということもあると思います。が、しかし、結構な頻度で視線を感じるのです。

 

普段モテナイ僕らが、自意識過剰になっていたのでしょうか?

 

けれど今まで女の子の視線なんぞ微塵も感じてこなかった僕らにとっては

 

とりあえずむずかゆい経験でした。

 

悪い気のする見られ方ではありません。 

 

さらに、

 

 

  • 手も振ってくれます。

 

レストランやホテルから出るとき、何気なく目線があったとき、

 

手を振ってくれます。

 

店員さんであれば、「それは当然のマナーだ」

 

とも言われそうですが、

 

僕がカナダやイギリスに行ったときとは態度が歴然と違います。

 

まあ、僕らは低身長でうっすぺらい顔をしているからでしょう。

 

もちろんとても感じが良い欧米人の方々もたくさんいましたが、

 

店員かどうか関係なく、多くの人が結構冷たかったです

 

東南アジアにも多くの欧米情勢バックパッカーが来ていましたが、興味を向こうが持ってくれているなどとは微塵も感じたことはありませんでした。ぷいって感じです。

 

一方、

 

東南アジア女子は、

 

なんだか恥ずかしそうに、かつ遠慮がちに手を振ってくれます。そこが営業感が返ってないところ。

 

店員だけでなく、お客さんで来ている人も

 

はにかみながら手を振ってくれます。

 

ふううう!!!

 

だめだだめだ。勘違いするな、勘違いするな。

 

僕らは顔のニヤけを抑えられないまま、何が何だかわからないでいました。

 

  • 写真撮ろうって言ってきます。

 

ツンツン。

 

帰ろうとする僕らの背中をつつき、

 

カメラを持って恥ずかしそうの、「picture! please!」

 

...................。

 

 

いやあ、ここまでくるとやばい。素直に嬉しい!!!!!

 

先輩も同じことがインドであったと言っていました。

 

僕らは、普段モテていないのです。

 

これで調子に乗った僕らをどうか責めないでいただきたいです。

 

メガネ率75%の集団が冴えないピースをします。

 

そして、、、

 

  • マッサージに行くと、なんと、いやあ、うん。

 

とりあえず僕の名誉のために断りを申しておきますと

 

ここから先の話は、友人Kが入ったフエのマッサージ屋の話です。

 

筆者であるへらおは、マッサージ屋には入りましたがそこでの経験とは全く質の違う体験をKはしてきたようです。ここでは、Kの話をしたいと思います。

 

Kはフエのとある普通のマッサージ屋に入りました。

 

マッサージが始まり、

 

日本人であることを名乗ったようです。

 

すると、

 

さらなるチップを要求されたと言います。

 

なんのコースだろう。彼は思いました。

 

すると、、、

え?まじ????

え、え、

おカネをドルか円で要求され、、、 

ここからは、読者の皆様の豊かな想像に任せます。

このマッサージ事件から僕らが学んだことが、

 

この記事のオチとなります。

 

僕らが「モテ」た、圧倒的に悲しい理由

 

なんで世界から非モテの日本男児、その中でも持てない僕らがモテたか。

 

仲良くなった、

 

ジェイという韓国人バックパッカーが教えてくれました。

 

なぜ、日本人がモテたか。

 

それは、

 

金持ってると思われてるから。

 

これに尽きるようです。

 

もう一度言います。

 

悲しいですが、これに尽きるんです。

 

結局金なのです。

 

実際、僕らみたいな日本のビンボー大学生でも、

 

価格レートが全然違うので大金持ちなのです。向こうからしたら。

 

タイで500円出せばすごいディナーが食べれるし、

 

3000円出せば、それこそ最悪な話ですけど、

 

人は喜んでついてきます。

 

かつ、日本人は

人がいい、優しい

というブランドがあるようです。

 

 

正直な話、僕らは「良いお客さん」

 

悪く言えば、「良いカモ」

 

それは男女関係なくどの東南アジア人、欧米人から見てもそうだと言います。

 

よく勘違いした日本人のおっさんたちが、

 

とんでもない可愛い子を連れてホテルに入っていく姿などが、タイなどでは散見されるようです。

 

それはきっと友人Kが求められたような「交渉」に応じたのでしょう。

なんか知らんけど、俺らもててるよな???

という裏には

 

お金がありました。

 

向こうは発展したとはいえ、まだまだ貧しい人も多いらしいです。

 

さらにジェイが言うには、

 

ベトナム人の女の子と付き合う条件は、時計でもネックレスでもいいからとにかく

 

金をプレゼントすることらしいです。

 

理由は、別れた後にきちんとお金が残るかららしいです。

 

シビアですよね。

 

Kが入ったマッサージ屋さんの彼女も、そういう「契約」をしてでもお金が欲しかったのでしょうか。

 

彼女にはKの顔が諭吉やホーチミンのように見えていたのでしょうか。

 

今回は何か考えさえられる、そういうちょっと寂しい話でした。

 

もちろん全部が全部お金目的の恋愛というわけではありません。

 

東南アジアで、純粋な恋愛により、素晴らしいパートナーを見つける人もたくさんいます。

 

かつ、お金があってモテるのが悪いという話でもありません。

 

しかし、この記事は

 

「モテる」と思った時、そこにはこういう背景がある可能性があのかもしれないということをお伝えする記事です。 

 

とりあえず、

 

モテナイ日本男児一同、しっかり内面を磨いていきたいです。

 

それでは。